スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三十槌の氷柱と不動滝の氷瀑に行ってきたレポ漫画 その2

酔いどれ岬よりこんばんわ、因幡ひぎゐです。
ハクレイ酒造というところの「ひや」という日本酒、な、名前に釣られたわけではナイデスヨ..!?

それでは、昨日に引き続き旅レポ漫画を描いてゆきます。
今日は道中~です。

昨日に引き続き文ちゃんがお送りいたします。

okuti3.jpg
焚き火でHPを回復した文ちゃん、次なる目的地不動滝へと向かいます・・・


大きな地図で見る
次の目的地はAの三十槌からBの不動滝まで、距離にして7.5km・・・:(;゙゚'ω゚'):
以前奈良で11kmほど歩いてお寺めぐりをしたことがあったのでそれなりには楽でしたが、
色々問題が・・・

と言うことで、下の続きから読むから続きどうぞー



9:20

焚き火で温まったところで次に向かう不動滝への道順を探る・・・にも電波が無いので調べられず。。
事前に調べた情報では、次のバスは確か11時過ぎだったので歩くことに。


歩く道は舗装されてる上、坂道も特に無いので歩きやすかったです、
車もめったに通らないのでぬくぬくとあるく。


日も出てきて朝よりは寒さを感じなくなってきた、歩く道は両脇に杉が生い茂るなが~い道路、
昔はその杉を買う人が沢山いたが、今じゃ輸入などで安く手に入る為、買い手がつかず、
そのままになってしまっている状況だとか・・・世の流れですなぁ
IMG_0691r1.jpg
山と杉ばかり、山は少し雪が・・・溶けないのか

1時間ほど歩いたところで分かれ道、
事前に調べた情報(ぐーぐるまっぷ)では確かに分かれ道があり、左に曲がるとのことで左へ。
右はどうにも歩道が狭くなっており、歩きづらそう・・・なので左!(重要なので二回ry

左に進むこと数十分・・・・・・・・、途中、道を舗装してて「通れない!?」って思いつつ
「通れますか~?」って聞くと通れたのでそのまま直進、通れたので直進しました(重要なのでry

IMG_0694r1.jpg
すると見えてきたのは二瀬ダム、秩父湖のあるダムと言うことで割りと進んだな~と思っていると、
IMG_4289r1.jpg
途中で道を塞ぐ門と看板が・・・。
※画像は入川渓谷にあったゲート、これより2倍の大きさの門。

看板にはなんて書いてあったか忘れましたが、←秩父、→から~国事務所と書かれていた、
だが、立ち入り禁止とは書かれていなかったので門を開けて直進~!
※入川渓谷ではこのゲートを開けて通ってもOKだった
okuti5.jpg

秩父の浦山ダムよりは小さそうだけど、それでもとても巨大なダム・・・ゴクリ
IMG_0695.jpg
絶賛放水中

近くに来ると放水の風が凄かったり道が凍ってたりと、ダムすげー!ってなってました・・・が。
おそらく階段があるであろう場所に大きな車と作業員ちっくな人が・・・、
とりあえず上に上がれるか聞こうと近づくと・・・

作「一般の方ですか?」
因「あ、そうです、上に上がれますか?」
作「えっ!?あのゲートを通って来たんですか?」
因「え、あ、そうです。o(立ち入り禁止って書いてなかったので)」
作「あ、いや、まずいっすよ、ここは関係者以外入れないんですよ」
因「え!?まじっすか!」
作「今、国の人が来ていて・・ヤバイので戻ってください・・・」
因「うわー分かりました・・・・、ここの近くから上の道に出れる道ってありますか・・・?」
作「あー・・ココらへん詳しくないので・・・」
因「:(;゙゚'ω゚'):アワワ」

okuti6.jpg

即引き返しました・・・なんてこったですよーー30分以上歩いたのにーー
とりあえず国の人に見つかる前に超退散・・・見つかってたらどうなってたんだろう・・・

仕方なく戻り、どうにか上に上がれないか考えていると・・・
IMG_0698.jpg
あやや!?これは階段!?

よくある(?)林道を歩くような階段が!
神は私を見放していませんでしたよー! と言うことで階段を登って行くが・・・途中で階段は消えていた・・・
え?やっぱり・・あの道戻るの・・・・って思いましたが、階段の名残がかすかに残っていたので登る・・・
も、途中で完全消滅、しかも戻るにも戻れない坂道まで来てしまった・・・仕方なく登ることに


ちょっと違うけどこんなイメージで登っていた(ここまで険しくない)

やってこさ道に上がれるところを登ろうとするもそこには立ち入り禁止のハードル(?)・・・
登る場所を変えて再び道に上がる、はたから見たらすげー変なところから出てきてたと思う・・・。
IMG_0698r1.jpg
※よいこはまねしちゃだめだぞ

もう疲れたよパトラッシュ・・・・

バス停があったが、やはり11時でなければこなかった・・・
仕方なく直進、以前入川渓谷に行ったときにバスで通った道をのこのこ歩く。

遊歩道を進むと見えてくるのは秩父湖、何と全面氷結していた。IMG_4707r1.jpg
わかりづらいけど白くピッキピキ

IMG_4709r1.jpg
行く先は遠く、あの奥の橋のより向こう・・・:(;゙ 'ω '):
IMG_4709r2.jpg
氷上の黒い点はワカサギ釣りをしている人、すげぇ

全面氷結した秩父湖を歩いていると、よく変な音が聞こえてきます、ドククンとかグポオンとか・・・
凍ってるからだと思います・・・が・・・まさか・・・(

IMG_4711r1.jpg
上の場所から16分ほど歩いた所で橋の位置に、あやー!
橋の向こうは落石とかがなんたらで立ち入り禁止でした、立ち入禁止って書いてあれば私は進みませんよ

しかし、前回の焚き火の位置からここまでで一時間と15分、普通ならここらでセーブして休憩してる・・・。
途中のアクシデントや無理矢理登った坂道やランニング(歩くより早いと思って、長くは無い)のせいで足も気分も疲労が・・・

okuti7.jpg
途中からひとりごとで「もう疲れたよー」とか「まだかよぉー」とかれんこしました。

IMG_4713r1.jpg
残雪が目立つ・・・雪が振ったのはだいぶ前だった気が

IMG_4714r1.jpg
滝にある山も雪が・・・あるのかな・・・、あったらいつもの装備だったら死んでたなぁ・・

と、橋から歩き続ける事40分・・・・・・:(;゙゚'ω,:.;:....
IMG_4715r1.jpg
不動滝東屋 到着!!...

長かった・・・グーグルマップの検索では1:30だったのに2時間かかりました・・・足が痛い。
でも、ここまで歩き通しだったので到着した時のうれしさと来たら!

IMG_4716r1.jpg
何やら雪が多い気がする・・・だが、最終目的地は目前、
不動滝を撮る為、山谷へ突入!

果たして、そこで待ち受けていた悪道とは・・・

いざ、不動滝へ───
okuti8.jpg


と言うことで、今日は道中まで。
二時間寄る所無し、地図無し記憶だよりなので色々長く辛い道のりだった気が・・・

最終目的地まであと少し!
不動滝入り口どうにも雪まみれ!?・・・

to be continued...
スポンサーサイト

テーマ : 東方Project - ジャンル : ゲーム

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。